アンテナ工事はDIYと業者のどちらがいいか

DIYのメリット

・費用がアンテナ本体や工具費だけでいい
・自分のペースで作業に取り掛かれる
・アンテナの種類や設置場所にこだわることも可能

業者のメリット

・作業がスムーズで迅速に取り付けが完了する
・アンテナの微調整まで細かい仕上がりに期待できる
・工事に保証・アフターサービスが付いている

自分で決めることが大切

正直なところ、アンテナ工事は素人には微調整が難しいため、業者に依頼した方がいいというのは確かです。しかし、予算を抑えたいという場合には、DIYに挑戦してもいいかもしれません。予算や仕上げの状況、アンテナの種類などを一度整理し、ご自身の条件に適した方法を選ぶといいでしょう。

アンテナ工事が必要なワケとは?住宅改善に役立つ情報をご紹介

男女

アンテナ工事を依頼する

住宅のテレビ環境を整えるためには、アンテナの取り付け工事が必要不可欠なものです。特に、地デジ放送に対応していないご家庭であれば、地デジアンテナの設置工事は専門業者へ依頼しておきましょう。専門業者ならアンテナ工事にかかる時間は短いですし、価格も比較的にリーズナブルです。何よりアンテナ工事の保証・アフターサービスも充実しているので、万が一のトラブルの際にも安心です。また、各ご家庭のテレビ状況に合わせて周辺機器も取り揃えてくれるので、専門業者はオススメと言えます。

光熱費を下げる省エネ住宅

住宅の維持にかかるコストを削減したいというご家庭であれば、エスコシステムズを利用するのもいいでしょう。エスコシステムズは省エネ住宅にするためのプランを考えてくれ、そのシステム導入をサポートしてくれます。例えば、最近人気がある太陽光発電システムの導入などもエスコシステムズでは取り扱っています。太陽光発電システムは、省エネ設備の中でも最高峰で、光熱費を削減するだけでなく、発電した電気を売ることも可能です。今住んでいる住宅の品質を向上させたいとういご家庭にはオススメです。

住宅の安全を守る耐震補強

地震活動が活発な日本では、住宅環境を守るために「耐震」が何よりも欠かせません。普段、私達が住んでいる家の構造には耐震基準が設けられ、通常の地震程度で倒壊することはないです。しかし、経年劣化や自然ダメージの蓄積などから、住宅が倒壊する可能性も高まってきます。だからこそ、どのご家庭にも耐震診断・耐震補強が必要とされているのです。現在、株式会社キーマンがその耐震補強や土木工事でのビジネスで活躍しています。ご自身もしくはご家庭の健康や身の安全を守るためにも、まずは耐震診断から依頼してみましょう。

耐震工事が必要な建物の特徴5選

旧耐震基準で建てられた建物

1981年より以前に建てられた建物は、旧耐震基準で設計されているため、昨今の建物よりも耐震強度が低いです。そのため、旧耐震基準で建てられた建物である場合には、耐震工事を依頼しておくべきでしょう。たとえ、築年数が短くても、倒壊するリスクは最小限に留めておくべきです。

老朽化が進んでいる建物

建物は基本的に足回りや水回りから老朽化が現れるものですが、見えていない家の基盤となる部分も同様に弱っています。このように老朽化が進んでいる建物は、今まで定期的にメンテナンスをしてきたという場合を除いて、とても危険な状態にあります。老朽化が進んでいる建物の場合、すぐに耐震工事を行なうことをオススメします。

地盤が弱く緩い建物

建物の耐震強度がいくら高くても、地盤の強度がそれに伴わなければ、真に地震に強い家とは言えません。しかし、実際に地盤の問題を解決することはほとんど不可能です。できることなら、地盤改良したいところですが、それほどの予算や時間がないというご家庭は建物を強化する耐震工事を行なうといいでしょう。

バランスが不安定な建物

安定している建物であれば、地震で揺れても、それほどのダメージに至ることはないはずです。しかし、オーバーハングのようなバランスが不安定な建物の場合、少しの揺れでも倒壊する恐れがあります。バランスが不安定な建物は設計を変えることが難しいので、このような場合でも耐震工事を依頼するといいでしょう。

1階の強度に不安がある建物

1階部分を事務所や車庫にしている建物は、壁を減らしていることも多いです。壁を減らしているということは、それだけ耐久性もダウンしてしまうということです。たとえ、その分、2階が丈夫だとしても、地震のリスクを排除したことにはなりません。壁が少ない建物もしっかりと耐震工事を施した方がいいと言えます。

広告募集中