耐震補強や土木工事に強い株式会社キーマン

耐震工事を依頼する前に

大地震に備えて耐震診断を実施し、耐震性能が不足する建物は補強工事を行なう必要があると言えます。この耐震工事には様々な工法があり、その中でも人気がある工法の種類をご紹介します。耐震工事を計画している場合には、チェックしておきましょう。

耐震補強と免震補強を徹底比較!

耐震補強

マンションや一般ビルなどの鉄筋コンクリート造建物に使用される工法が「耐震補強」になります。耐震補強では鉄骨ブレースを使用して増築するため、建物の強度を増大させることが可能です。また、柱には鉄板や炭素繊維シートなどを巻き付けることによって、粘り強さを向上させることもできます。

免震補強

地震の揺れを吸収する特殊なゴムを免震装置に組み込み、建物内部に設置することによって、地震の揺れを建物に直接伝えないようにする工法が「免震補強」になります。免震補強は振動に強いことはもちろんのこと、建物に居ながらの工事が可能なので、引っ越しする必要がないというのもメリットです。

耐震補強や土木工事に強い株式会社キーマン

住宅

中間マージンがない

株式会社キーマンは建造物の補修・耐震補強に特化した建築会社で、工事に関わる設計から実際の工事・施工まで、全て自社で賄っています。つまり、中間マージンが発生しないということが最大の特色であり、メリットです。中間マージンが発生しないということは、手数料などの諸経費を削減でき、コストを軽減することが可能です。もっと言えば、自社施工な分、他の建築会社よりも工期が短くて済みます。

女性

経験や知識が豊富にある

それから、株式会社キーマンは、業界でも最難関と言われている橋梁メンテナンスでも高い実績を残しているほど、土木建築や耐震補強において優秀さを発揮しています。これほど土木建築の経験や知識が豊富にある建築会社というのも珍しいぐらいで、顧客満足度も高いため、安心して任せられることは間違いありません。土木工事や耐震補強を依頼するなら、株式会社キーマンを選ぶといいでしょう。

株式会社キーマンに関する口コミ

住宅と作業員

耐震基準が古い建物でも

今住んでいる建物が旧耐震基準で建てられたもので、耐震補強工事を株式会社キーマン様に依頼しました。株式会社キーマン様は私達の要望に精一杯応えてくださり、尚且つ料金も適正価格だったので、依頼して良かったと思います。(女性 34歳)

建造物の延命のため

爺さんの世代から受け継いでいる一軒家が古くなってきており、耐震補強工事を決心しました。株式会社キーマンは耐震補強にも強いと聞いていて、依頼しました。最初の相談時から丁寧に対応してくれ、親切にしてもらって満足しています。(男性 40歳)

広告募集中